分解性食器とは

25-10-2021

分解性食器とは


分解性食器とは、自然環境の中で微生物(バクテリア、カビ、藻類)や酵素の作用で生化学反応を起こし、カビの発生を内部の質に変化させ、最終的に二酸化炭素と水を生成する食器を指します。


各分解性食器完成品の外面には、一度形成された独特のファクトリーマークがなければなりません。梱包箱には説明ラベルを貼付し、以下の内容を記載してください。

1.製品名、種類、登録商標、衛生ライセンス番号。

2.製造者の名前、原産地、バッチ番号、製造日。

3.検査マークと標準コード。

4.QS認証

5.海外に輸出された製品は、米国FDA認証にも合格できます。


分解性食器に使用される材料には2種類あります。1つは紙製品、わら、でんぷんなどの分解性で環境にやさしい製品とも呼ばれる天然素材でできています。もう1つはプラスチックを主成分とし、でんぷんを加えたもので、光増感剤などでできています。


最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)

個人情報保護方針